ホラーゲーム定番の場所 – ASYLUM

ラブクラフト、ハマーフィルムや80年代欧州ホラーに影響されたホラーアドベンチャーに期待しましょう!名もASYLUM。いかにもという感じですね。

貴方は、残虐な行為が行われたハンウェル精神診療所の目撃者となります。ストーリーと雰囲気に注力され、事細かに制作されています。貴方を数年つきまとった超自然的なミステリーを解決しましょう。

  • 10年間公にせずに費やした幻想的なストーリー
  • 老朽化し腐敗した悪臭さえ感じそうな雰囲気
  • 知恵と観察力がモノを言う。小さなアイテムを探したり退屈な算数パズルはない
  • 記憶に残るサウンドトラックはビンテージホラー作品とジョン・カーペンターから影響を受けた
  • ジャンプスケアはない。
  • エンディングまで飽きがこないペースで進む。何が待っているのかは考えられない

ゲームプレーはWASDで自由に動き回るものではなく、方向をクリックして移動します。古いアドベンチャーにこのようなものがありましたが、意図的にそうしているそうでオールドスクールと現代のものを折半しています。アクションシーンはなく、反射神経も要せず、武器もなければ、敵もいないので、走り回る必要もありません。知的でムードあるホラーゲームです。15時間程度。

開発チームは小さいながらも、「診療所が建築学的に可能」「独自ゲームエンジンから制作」と、大きな計画に取り組んでいるので時間がかかっているようです。ホラー映画に対するオマージュも素晴らしく、ゲーム製作者としての気骨を感じました。完成までこぎつけるのか心配ではありますが、ツイッターには最近まで投稿があります。

ちょっと古い情報まで載せたので、現在のバージョンでは変わっているかもしれないのでご了承ください。

ASYLUMの発売時期は不明です。

シェアする